どのくらいの期間で投資するか

・短期投資(デイトレード)
一日のうちに一度、もしくは何度も取引を通して利益を振り上げる方法だ
株価はその日のうちに上がり下がりを増やすので
その差額を通じて利益を繰り出すのです

この方法はギャンブル同然だ

・中期投資(スイングトレード)
数日~数ヶ月の株価の上がり下がりを通じて利益を描き出す方法だ

私も時折することがあります
買ったはいいけれど気が変わったり
買い付けの判断にミスがあったと気付いたときにしています

・長期投資
株価の上下のみで利益を繰り出すのではなく
企業の成長や配当金にて利益を描き出す方法だ

よって数年単位での取引となります

・超長期投資(バイ・アンド・ホールド)
株を買ったら生涯持っておく方法だ
コレが出来るのが理想なのですが
下手をすると自分の頭で図ることの放棄につながります

持つべきか手放すべきかは状況によって判断しましょう

で、初心者にオススメするのは
少額からの中期投資だ

そして取引していくと
利益を表すこともあるでしょうし、損を押し流すこともあるでしょう
得も損も数少ないはずです
しかしここで一喜一憂していては
これから、ユーザーとしてやってはいけません

まだどの株が買い得か、将来の見込みはどうにか
経営状況はどうにか、など思い付かことばかりか
数日やそこら勉強しても身につくものではありませんし
ひと通り覚えても勉強は続けなければいけません

なのでまずは株の取引の仕方や市場に慣れることから始めましょう
株式投資には心構えを作って行くことも重要なのです

カードローン自己破産について